ブログトップ

祈り子のブログ

yorudora.exblog.jp

祈りは力。祈りは救い。祈りは愛・・・。わたくし祈り子が、命を賭けて祈らせていただきます。

終わりの始まりの終わり

こんにちは。祈り子です。

わたくしの渾身の祈りが天に届いたのか、東北地方を震撼させた大地震も、とりあえずは
落ち着いたかのように見えます。しかし被災された人々が心と体に受けた傷が癒えるには、
まだまだ時間がかかりそうです・・・。

普段は他人にお構いナシのくせに、こんな時に限って「あなたはひとりじゃない」
連呼するCMやタレントが少々ウザくなりつつありますが、わたくしも今できることを
少しずつやっていけたらと感じております。


しかし、なぜでしょう。

復興に向けて日本が立ち上がりつつある今、わたくしの胸に日々、拭えぬ不安が
押し寄せてくるのです。もしかしたら今回の災害は、「終わりの始まり」に過ぎない
のではないかと・・・・。さらなる巨大地震が、関東地方を襲うのではないかと・・・・。

しかも近いうちに!



といいますのも、わたくしの住まい周辺の動物たちに異変が起こっているのです。

普段から糞やかましい上に、わたくしの家のベランダから何回もハンガーを盗んで
いくあの忌々しいカラスどもの姿を、なぜかここ最近見かけなくなりました。

「なんだか最近、世の中が静かだわ・・・・。自粛ムードのせいかしら・・・・」

とばかり思っていたのですが、ただ単にカラスがいなくなっただけだと気がついたのです。
しかし、いなくなったのは、カラスばかりではありません。

夕暮れ時になると近所の上空を集団で旋回していた鳩たちの姿も、大地震以来、見かけなくなりました。
もちろん鳩そのものがいなくなったわけではありません。相変わらず道端では、首をヒョコヒョコさせながら
数羽のハトが、「何かウマイ餌ねえの?」と言わんばかりの態度で闊歩しております。しかし、いつもよりも
数が減っているように思えます。

そんなハトたちはなぜ急に、大空旋回行動を止めてしまったのか・・・・・。
はたと自分らの行為の無意味さに気づいた・・・わけがありません。

鳩は電磁波に敏感な生き物です。
もしかしたら、大地の奥で蠢きだした不穏な電磁波を感知しているせいではないのか。
カラスもハトも、新たな危機を察して安全な地へと旅立ってしまったのではないかと思えてならない。



そういえば、民主党内の鳩も、どこかに姿をくらましたまま出てきませんね。

さらに、東京電力の社長や会長も雲隠れしたままだとか。



本当、普段偉そうにしてる連中ほど
 イザという時に役に立たないわ!


と、今回つくづく痛感いたしました。
無責任な大人ばかりなこの国で、本当に日本は復興できるのでしょうか。
そして万が一、新たな災害に見舞われた時に、多くの人命を救うことができるのでしょうか。
わたくしは不安でなりません。


一日も早く、都会にカラスやハトさんが戻ってきてくれますよう、わたくし祈らせていただきます。

さあ、皆さんもともに祈ってください。

レッツ、祈り。


ごきげんよう。


f0154350_19232244.jpg

[PR]
by naotan5 | 2011-03-30 19:24 | わたくしの個人的な祈り