ブログトップ

祈り子のブログ

yorudora.exblog.jp

祈りは力。祈りは救い。祈りは愛・・・。わたくし祈り子が、命を賭けて祈らせていただきます。

震災パニック症候群

こんにちは。祈り子です。

祈ることに生涯を捧げたわたくしは今日まで、3月11日に東日本を襲った未曾有の
大地震の被害者のために、深い祈りを捧げておりました。しかしわたくしを始めとする
多くの人々の祈りにもかかわらず、日本は日に日にその混乱度を増しているような気
がしております。

これから先、日本はどうなってしまうのかしら・・・・。


きっと誰もが大きな不安に駆られていることでしょう。
以前の日記にも書きました、わたくしの友人である「キャナリーゼ」であった彼女も、
今回の地震による液状化現象のせいで、心ない人たちから「ウメタテーゼ」などと
揶揄されている有様。

他にも、新浦安や舞浜地区に住む「マリナーゼ」な奥様方も、地震によるライフライン
壊滅のせいで、心ない人々から「ノグソネーゼ」などと嘲笑われていると聞きます。


非常時にこそ人間の本性が現れるものです。他人の不幸を喜ぶような醜い人間にならない
ように、どんな時にも深い慈愛と祈りの心を忘れてはならない。わたくしつくづく痛感いたしました。


人間の本性といえば、今日も買い物に行ってひどい光景を目にいたしました。
大勢のジジババどもによる買い占めです。


f0154350_19385733.jpg



一度は落ち着いたかのように見えた買い占め行為ですが、昨日になって、「東京都の水道水から
放射性ヨウ素が検出された」
というニュースが発表された直後から、再び都内では買い占めに走る
連中が増えだしました。


頭が悪い、というのはとても不幸なことです。
自分の浅はかで衝動的な行為が、どのような影響を周囲に及ぼすのかということをまったく
考えられないのでしょう。感情のみで行動するなんて、アニマルと同じではありませんか。

もっとも、「何が何でも生きてやる!他者を蹴落としてでも生き抜いてやる!」という行動原理は、
下等動物の本能でありますので、彼らに何を言っても無駄でしょうけど。社会に必要とされていない
人間ほど生きることへの執念は凄まじいものなんだわ、と今回の買い占め騒動では、しみじみと感慨
深い思いがいたします。



とにかく日本という国は、3月11日を境に、すっかり変わってしまったのです。
ますます生きづらくなる世の中になってしまった現在・・・。

しかし常に真摯に祈ることを忘れずに、心だけは豊かに生きていられたら・・・、と思うのです。



無駄に買い占めしている連中の米や水が一日も早く腐りますよう、わたくし祈らせていただきます。

さあ、みなさんも共に祈ってください。

レッツ、祈り。


ごきげんよう。


f0154350_18214671.jpg

「世の中のバカを仕分けさせていただきます!
 とりあえず菅さん、あなたの存在は廃止の方向で」
[PR]
by naotan5 | 2011-03-24 18:25 | わたくしの個人的な祈り