ブログトップ

祈り子のブログ

yorudora.exblog.jp

祈りは力。祈りは救い。祈りは愛・・・。わたくし祈り子が、命を賭けて祈らせていただきます。

わたくしの恐怖体験

f0154350_10273527.jpg

こんばんは。祈り子です。


そういえば、テレビから心霊番組が消えて久しいですね。あなたの前世はどうだったとかいう

スピリチュアル番組はOKでも、自縛霊の怨念がどうしたとかいうスピリチュアル番組はNGって

いうのは、少々腑に落ちない気もいたします。



夏は怪談の季節でもありますし、怪談話に飢えている方もきっと多いことと存じます。

「もう一度、宜保愛子に会いたい!」という方もきっと多いはず。(死にました)

そこでわたくしの生い立ちも含めて、皆様に身の毛もよだつ恐怖話しなどいたしましょう。



あれはわたくしが六歳のころでしょうか。

隣の家に、キワコちゃんという、とっても仲の良いお友達が住んでおりました。

キワコちゃんは、なんていいますか、とってもドン臭い女の子ではありましたが、

心根だけはとっても優しい女の子でした。


わたくしはよく、母から言い付かった買い物を代行してもらったり、カワイイお人形を無期限で貸して

もらったり、不注意で割ってしまった父の壷をわたくしに代わって「自分が割りました」と謝って

もらったりと、本当にキワコちたゃんにはお世話になったものです。



そんなある夏の日、キワコちやんが行方不明になるという事件が起こりました。

夜の八時を過ぎても、キワコちゃんが帰宅しないと、キワコちゃんのお母様が真っ青な顔で

我が家に駆け込んできたのです。


「まさか変質者に誘拐されたのでは・・・・」


近所の人たちも加わって、キワコちゃんの捜索が行われました。茶の間でスイカと信玄餅を

食べていたわたくしも捜索隊に加わりたかったのですが、どうしても見たいテレビ番組があった

もので、泣く泣く捜索隊に加わるのは諦めました。


デレビ画面の漫才師の愉快なやりとりに爆笑しつつも、心の中では、「キワコちゃん、生きてるのかな」

と、とても心配でした。というのも、その日の夕方わたくしは、キワコちゃんとかくれんぼをして遊んで

おりまして、鬼であるわたくしがキワコちゃんを捜していたまさにそのとき、同じクラスのサヤカちゃんと

ばったり遭遇。「これからコンビニにガリガリ君買い物に行くんだ」というサヤカちゃんと一緒に、アイス

を買いに行ったのです。


「もう一本当たるかな・・・」というわたくしの期待に反して、ガリガリ君は外れてしまい、とても悔しい思い

をしたものです。




そんなサヤカちゃんも、彼女が高校二年生の頃、中学の先輩で左官工をしていた先輩の子を

妊娠した末に駆け落ち。そして四年後、ふたりの子供を引き取って離婚して、亀戸のキャバクラで

働いたものの、再婚相手のDVから逃れるために、3人の子供とともに四国方面に逃げたと、風の

便りに聞きました。



今でもコンビニでガリガリ君を見ると、6才だった頃、サヤカちゃんとふたりで黄昏の通学路を

仲良く手をつないでコンビニまで歩いたときの情景が思い浮かびます。

f0154350_1026123.jpg


そんなサヤカちゃんのために、わたくしの懸命に祈らせていただきます。

さあ、皆様も共に祈ってください。

レッツ、祈り。


ごきげんよう。



★テレビから心霊番組が消えた理由
[PR]
by naotan5 | 2010-07-26 22:13 | わたくしの個人的な祈り